For Biginner

はじめての方へ

病は気からといいますが、漢方薬も信じて安心して飲んでいただくと良い結果につながります。
そのためには私たちとお客様の信頼関係が大切です。

漢方薬の特徴を表す言葉に、同病異治(どうびょういち)、異病同治(いびょうどうち)というものがあります。
同病異治とは同じ病気でも人によって違う治療法をとること、異病同治とは異なる病気に同じ治療を施すことを表します。
漢方薬は病名ではなく、その病気の背景にある身体のアンバランスさを正すことに照準を定めるためこのようなことが起こるのです。

身体のどこにアンバランスがあるのか。
それを知るために、漢方では患者さんと相対し、見る、聞く、嗅ぐ、触れるなど五感を駆使して漢方独特のものさしで測ります。
この作業は最も漢方薬の専門的知識や経験が要求される重要なところです。
ただ薬を飲んでいただくだけではなく、コミュニケーションをとりながら共に目標に向って歩んでゆくのが漢方薬です。

和漢堂には、神奈川のお客様はもちろん、遠く北海道や沖縄からご来店下さるお客様、海外から一時帰国の際にご来店下さるお客様、友人や親戚のご紹介でご来店下さるお客様など沢山の方に足を運んで頂いております。

和漢堂の漢方薬の輪がこうしてどんどん広がってきた根本にあるものはお客様との信頼関係です。

ひとりひとりの身体の不調や不安にしっかりと耳を傾けてお聞きするなかで、 相談をしただけで漢方薬を飲む前からすっかり元気になったとおっしゃる方も少なくありません。
病気は、もしかすると本人が思っている以上に心の重荷となって症状の改善を妨げているのかもしれません。
ぜひ一度、私たちに話を聞かせてください。
目の前の霧が晴れ、前へ進めそうな気がしたときが改善の第一歩です。

60秒でできる舌診断 こちらをクリック