IBS

過敏性腸症候群(IBS)

お手紙

同じ症状の人に漢方をおすすめしたい

午後1時から2時頃にかけてお腹にガスが溜まってきて苦しく、ちょっとしたことでおならが出そうになるので我慢するのに必死であまり仕事に集中できませんでした。
事務職をしており、10人ほどの社員と一緒に事務所で仕事をしていますが、まわりが静かなので、もしおならが出たら絶対にばれてしまうし、人の出入りも少ないので、ガスを出すためにトイレに立ちたくてもそう何度も席をはずすわけにもいきません。トイレに行ってもガスをすっきり出せると限らず、お腹に溜まったガスの半分も出せず夕方になるころにはお腹がパンパンになってとても苦しかったです。

高校三年の頃、登校前に必ずお腹がいたくなって家にトイレにこもってなかなか出かけられなかった時期が続いていましたが、いじめられているとか、高校に行くのがイヤだった訳ではないので、受験のプレッシャーがお腹に来ているのかなとそのころは思っていました。
その後もやたらとゲップがでてとまらない(胸がつまったようになって苦しいのでゲップをせずにいられない)
時期があったりしたのですが、今考えてみるとその時から過敏性腸症候群だったのではないかと思います。

何件か病院に行ったことがありますが、もらった薬があまり効いているような気がしなかったことと、相談した内容を理解してもらっている気がしなかったため長続きしませんでした。

和漢堂さんに相談にはじめて行くときも、どのくらい理解してもらえるのか不安でしたが、担当してくださった方がガス型の症状を詳しく知っていたこともあって、思っていた以上に相談することができました。
私の体にあった漢方薬を出してもらったほか、食事や生活についての注意点もいろいろと教えていただき、食事の内容とかも気をつけるようにしました。

漢方薬を飲みはじめて半年くらいは、効いているかどうかはっきりとわからなったですが、前ほどひどい張りがなくなったような気がしたので一年は続けてみようと思いました。

今、漢方薬を飲みはじめて一年少したちますが、以前のように毎日午後になるとお腹の張りに苦しむようなことはなくなりました。
漢方薬はすぐに効くお薬ではないかもしれませんが、私と同じような症状で悩んでいる方がいたら飲んでみると良いと思います。
私の場合は生理不順や冷え性も考慮して漢方薬を出してもらい、どちらもだいぶ良くなってきているのでこれからも和漢堂さんのお世話になりたいと思っています。

*お手紙の内容は個人の感想であり、製品の効能を説明するものではありません。

不妊症の事例はこちら
■10月1日
通院はやめたが、生理は順調に来ている。体調もよい。生理のときの血液がサラサラになって来た。
■11月3日
高温期が続いている。来週病院に行く予定なので、1週間分の安胎薬をお出しする。
1週間後、自然妊娠が確認できたとのこと。・・・続きはこちら

ブログでは、不妊症で和漢堂の漢方薬を飲んでいた皆さんの感想をご紹介しています。
どうぞご覧下さい。
不妊症のブログへ
妊娠しにくい体質を東洋医学の観点から5つのタイプに分けることができます。 タイプを知ることにより、妊娠しやすい体質に近づくためにあなたが食べたほうがいい食材などがわかります。二つ以上のタイプをあわせ持つ人も多いので、その場合は両方のおすすめレシピを参考にしてください。
妊娠体質になるレシピ