IBS

過敏性腸症候群(IBS)

お手紙

普通に通勤できるようになりました

子供の頃から腹痛を起こすことがよくあり、寝るときに腹巻きを巻くのが習慣になっていました。
社会人になってから、毎朝出勤のときに腹痛と下痢に悩まされるようになり、通勤電車を途中で降りてトイレに駆け込むようなことが何度もありました。電車のなかで激しい腹痛に襲われた時は冷や汗がでて、自分でも顔が真っ青になっているのが分かるくらいで、次の駅に停車するまでが地獄のような苦しみでした。
お腹にカイロを貼ったり、出勤前に正露丸を飲んだり、自分なりにやってはみましたが、あまり効果がなく、病院にいったところ過敏性腸症候群という病名と、ストレスが原因なので完全に治すことは難しいと言われました。

何年もだましだましやってきましたが、同じようにお腹をこわしやすくて悩んでいた友人が、漢方薬でよくなったという話を聞き、インターネットで調べていたところ、和漢堂さんのホームページを見つけ、すぐに電話をしてみました。
電話では、下痢を一時的にとめる下痢止めのような薬では症状を抑えることはできても、根本的に治すことはできないということや、漢方薬は最終的には薬を飲まなくても良いまでに身体を改善するのが目標だという話を聞き、今までのようにだましだまし毎日を過ごすのではなく、気持ちよく毎日を過ごしたいという気持ちで漢方薬を飲むことにしました。

私の場合は飲みはじめて二週間くらいで腹痛がない日が出てきました。和漢堂の担当の人からは、こんなに早く効果が出る人は多くはないということや、これに安心せずに完全に治るまではしっかり漢方薬を飲み続けてくださいねと言われました。

今では、以前のように毎日通勤電車のなかで腹痛に冷や汗をかいたり、駅のトイレに駆け込むようなことはすっかりなくなり、たまに暴飲暴食がたたって下痢をすると、やっぱり食事や生活をきちんとしないといけないなと反省します。

ストレスに弱い体質の自分が、今のように普通に通勤できる日がくるとは思ってもいませんでした。
これも親身になって相談にのってくれた和漢堂さんのお陰だと思っています。
本当にありがとうございました。

*お手紙の内容は個人の感想であり、製品の効能を説明するものではありません。

不妊症の事例はこちら
■10月1日
通院はやめたが、生理は順調に来ている。体調もよい。生理のときの血液がサラサラになって来た。
■11月3日
高温期が続いている。来週病院に行く予定なので、1週間分の安胎薬をお出しする。
1週間後、自然妊娠が確認できたとのこと。・・・続きはこちら

ブログでは、不妊症で和漢堂の漢方薬を飲んでいた皆さんの感想をご紹介しています。
どうぞご覧下さい。
不妊症のブログへ
妊娠しにくい体質を東洋医学の観点から5つのタイプに分けることができます。 タイプを知ることにより、妊娠しやすい体質に近づくためにあなたが食べたほうがいい食材などがわかります。二つ以上のタイプをあわせ持つ人も多いので、その場合は両方のおすすめレシピを参考にしてください。
妊娠体質になるレシピ