Hives

蕁麻疹

解説

なぜ蕁麻疹ができるのか

それまでなんともなかった皮膚が、突然腫れ猛烈にかゆくなる蕁麻疹(じんましん)。
急性蕁麻疹や、なにかの時に決まって出てくる蕁麻疹は、原因に見当がつくことが多いのですが、数ヶ月以上も毎日身体のどこかに現れては消えることを繰り返すタイプでは原因がわからないのがほとんどです。

私たちは体の中にたまった毒素や不要なものを、便、尿、汗、息、などで体の外に排出します。
暴飲暴食、疲労、ストレスなどが重なっているときは、目やに、口臭、ゲップ、ニキビが気になりませんか?
これは便や尿で出し切れない毒素を いろいろな形にかえて出しているのです。
それでも毒をうまく出せないとき、命にもかかわる内臓を 毒から守るために、比較的危険度の低い皮膚を犠牲にして毒を出そうとする、それが皮膚病となって表れてきます。

そう考えると、煩わしくて辛い蕁麻疹も、自身の命を守ろうと一生懸命に働いている姿だということが分かります。
自身で自身を守り癒す力、すなわち自然治癒力を高めるのが漢方薬です。
治してあげる薬ではなく、あくまで患者さんの持っている力を引き出す薬だということです。
蕁麻疹は自身が放つSOS信号です。
自分の体の声に耳をかたむけいたわってあげる。

そこが出発点です。