Psoriasis

乾癬・尋常性乾癬

事例

頭皮や指先にできる湿疹と爪の変形【54歳・女性・神奈川県】
昨年の7月頃から症状がではじめた。
頭皮がカサカサして乾燥し、ぽろぽろとカサブタのようなものが落ちてくる。頭は痒くはない。
そのほか指先の皮がカサカサして割れてしまう。割れると痛み家事をするのも大変である。
手の先にはぷつぷつと水泡のようなものができてとても痒い。爪が分厚くなって変形している。
夜、布団に入ると体中が赤くなって、それをかくとみみずばれのようになる。
皮膚科の医者からは乾癬と言われた。
肝脂肪、高血圧

事例

■3月19日
服用開始
■4月3日
漢方薬飲んでいるが、皮膚の状態は今までと特に変わったところは無いようです。
ステロイド軟こうは持っているが、あんまり使いたくないので漢方の塗り薬があればそちらをつかいたい。
■5月17日
頭の中のカサブタ、かさかさが少しいいかなあ・・・という気がする。
手の先は水泡みたいなものができてぷつぷつと痒い。
爪も相変わらず汚らしく変形していて、人に見られるのがつらい。
■6月11日
前回、漢方薬の種類がかわったら、味が前のとはぜんぜん違う。前より飲みやすい。
手の先の水泡のようなものはできなくなった。
■7月25日
頭の中のカサブタは大分よいが、手はボコボコです。爪も変形しているし今までとかわらない。
■9月28日
全体的にまあまあ、落ち着いているかなぁ
漢方の塗り薬も私の身体にあっているようです。
■12月6日
すごく良くなってきている。
知人と会うのも以前は、億劫な気がしていたが、皮膚の状態が良くなってきて他人の目も気にならなくなってきた。
旅行へ行ったりすることがふえて、薬をのむのも忘れがちです。
■1月15日
すごく良くなっている。
爪のきたないのがなかなか良くならなかったが、生えかわって来ている部分が前よりもきれいになっているように思う。
■3月12日
皮膚がすっかり良くなったので、なかなか飲まないようになってしまった。手も頭もすっかりきれいになった。 前にもらった漢方薬がまだたくさん残っている。
この方の場合は、病院では乾癬といわれたようですが、手の先に出ていた症状などは他の乾癬の患者さんにはあまり見られない症状でした。
乾癬の患者さんは何らかの肝機能の問題があると思われる方が多いのですが、この方の場合は肝脂肪といわれていました。
皮膚の状態がほとんど良くなっても急に服用をやめず、毎日飲めなくても少しずつでも、続けながらゆっくり漢方薬の服用をやめるようにしました。
今では漢方薬を飲まずに乾癬の症状は治まっています。