Want Pregnancy

妊娠したい

解説

検査は二人で

女性だけが検査を受けた上で治療を受けているという話をときどき聞きますが、男性もなるべく早い段階で精子の検査をしてもらいましょう。

WHOによると、不妊カップルのなかで原因が女性だけにあるのは41%、男性だけにあるのは24%、男女両方にあるのは24%、つまり、全体の約半数にあたる48%は男性にも原因があります。男性に原因があれば、女性だけが治療をしても時間とお金の無駄になってしまいますので、できるだけ早い段階で精子検査を受けたほうが安心です。
男性には快く請合ってもらいたいものですが、なかにはなかなか承諾してくれない男性もいるようです。「そのうちできる」「自然に任せればいい」と、なかなか子作りに本腰にならず消極的。危機感がない、タイムリミットに無頓着、自分は無関係と思いこんでいるなど。男女での温度差は不妊治療をすると一度は直面する問題です。

パートナーとの気持ちのすれ違いは不妊治療に限ったことでなく、さまざまな場面で起こることです。衝突することもあるし、ストレスも溜まる。相手が自分のことをわかってくれないと孤独な気持ちになります。
けれど血もつながっていない相手なのですから、それは当たり前のこと。ガマンしたり・してもらったり、受け入れたり・受け入れられたり、そうして乗り越えていくことによって、絆は深まり、かけがえのない家族に熟成していくのです。

男のプライドをおもんばかれば、なかなか言い出しにくいという女性も多いようですが、治療中は精神的にも肉体的にも女性に負担がかかるものですし、長い長い戦いになるかもしれません。いずれにしろ支え合いながら乗り越えていくしかないのですから、初めから遠慮せずに巻き込んで、男性にも心づもりをしてもらったほうが良いのではないでしょうか。
妊娠し子供が出来さえすればすべてが解決する訳ではありません、泣いたり笑ったり怒ったりしながらパートナーと支え合い歩む一歩一歩が色々なことを解決する礎となると思うのです。