Palamoplantar Pustulosis

掌蹠膿疱症

事例

4年間ステロイド軟膏で対処してきたが【48歳・男性・横浜市】
4年程前から、足の裏が痒くなって、皮がむけたり、水疱ができたりし始めた。
最初にできたのが夏だったので水虫かと思っていた。
掻いているうちに手にも同じ症状が出るようになり、人目につく場所なのでほおって置くわけにもいかず、病院へ行ったところ白癬菌は見つからず、掌蹠膿疱症だといわれた。
数年はステロイド軟膏を塗りながらやり過ごしてきたが、発病してから4年もたち、症状を繰り返すばかりで、改善する気配がない。最近は、通院もやめている。
毎年夏に悪化し、冬は少し状態が落ち着くようだ。
随伴症状
5年前に急性心筋梗塞を起こしたことがあるため、血圧降下剤、血管拡張剤などを服用している。
汗かきで、疲れやすい、倦怠感がある。
163cm、68kgでがっちりとした体格である。

事例

■7月3日
漢方薬エキス薬(粉末)の服用開始
■8月9日
最初にご来店の時と比べて、見た感じの皮膚の状態もかなりきれいになっている。
ゴワゴワして皮の向けている部分が少なくなり、本来の柔らかい皮膚が見えてきている。
■9月26日
漢方薬を飲む前よりは、ずっと皮膚の状態はよく痒みも少ないが、8月以降、症状は横ばいである。悪化もしていない。
頻度は多くないが、水疱がポツリポツリとできては痒くなる。
■12月23日
痒みはない。皮のむけるのもほとんどなくなっている。
■1月17日
大方よくなっている。もう治っているのではないかと思う。漢方薬も飲まなくても大丈夫なのではないかとちょっと考えている。つい、つい飲むのも忘れがち。
ただ、毎年冬は状態が良くなるので、暖かくなるまでは飲み続けて、様子を見た方がいいかもしれない。
■3月29日
かゆみもないし、ほとんど安定した状態が続いていた。
ここ数日、手に水疱が数個できて、皮がむけたが悪化はしない。
■5月18日
かなりよい状態がずっと続いていたが、先日、風邪をひいてしまったため、抗生物質を2週間続けて飲んだところ、再び手の皮がむけてきた。
皮膚の状態はかなり良くなってきていて、もう一歩というところです。
4年間も続いていた掌蹠膿疱症が1年とかからずここまで改善してきています。
抗生剤を飲んで一時的に悪化してしまいましたが、漢方薬で体質改善を続けてきていますから、ひどく悪化したりはせずに、また、すぐに良くなってくるでしょう。
確かに症状がすっかり良くなってしまうと、漢方薬の服用も面倒になってしまいます。
けれど、焦らずに次の夏まではしっかりと頑張って、確実に治していただきたいと思います。