Palamoplantar Pustulosis

掌蹠膿疱症

事例

仕事で手や爪をお客さんに見られるのがツライ【46歳・女性】
最近は手の甲にまで湿疹ができ、医師にも原因不明でわからないといわれ、二重の悩みとなっている。
手の平・足の裏全体に手の爪にも症状が出ていて、足の親指は変形している。
自営業でストレスも多く、接客するので、手の症状自体がすごくストレスになる
61センチ65キロ タバコ2本/日。貧血あり
乾燥しない夏のほうが少しいい気がする。
抗アレルギー剤の服用と、ステロイドの塗り薬をずっと使っていたが、どんどん悪くなるので、今は病院には通っていない。

事例

■11月12日
漢方薬エキス剤服用開始
■1週間後
服用し始めて便通が少しよくなった気がする。
■1ヵ月半後
2〜3日前からすごく状態いい気がする。ストレスは相変わらずだが、頭痛や貧血の症状もなく体調はいい方です。
■3ヶ月後
手足の水泡はずいぶんへってきているが、季節的にも乾燥がひどい
■4ヶ月半後
手・足の赤みは大分へってきている。治りかけの痒みが少しあるかな〜
■半年後
皮膚はすごくよくなってきています。爪はジェルネールしてるので、良く分からないけど良くなってきてると思います
■7ヶ月半後
足の爪もよくなってきています。歯ぐきが腫れた時にちょっと症状が出ることあったけど、すぐに治まった。
■9ヶ月半後
皮膚も爪も調子はとてもよいです。今月いっぱいきれいな状態がつづいていば、1日3回の服用を徐々に減らす方向へ。
■9ヶ月後
手の調子はだいぶ良く、花粉の時期も無事過ぎるかと思います。
なんとなく体調も良くなってきているようです。
■11ヶ月後
その後も全く症状でてないので、廃薬して様子を見ていただく。
皮膚の病気は体質やホルモンバランスやストレスなどいろいろな事が重なって、体表に出てくる身体の中からの合図です。
女性は閉経前後のホルモンバランスの乱れる時期に掌蹠膿疱症を発症する人が少なくありません。 内側からしっかり改善していけば、皮膚がよくなる時にはその他の体調も良くなってくるものです。 この方の場合は掌蹠膿疱症の改善とともに便通、頭痛、貧血などの症状が改善されました。 塗り薬にはできない、漢方薬ならではの嬉しい効果です。