Nocturnal Enuresis

夜尿症(おねしょ)

お手紙

20  身体にとって非常に重要で大切な存在

当時、幼稚園の年長児だった娘が自身の夜尿を気にし始め「どうしたら良いものか」と思いネット検索していた所、和漢堂さんのHPを見つけお店を訪ねてみたのが最初の出会いでした。

その日早速私共の悩みを聞いて頂き、原因を様々な方向から探っていきました。

身体の発育、4歳の頃からあるアレルギー性鼻炎、人一倍水分を欲する等々・・・
同日の夜から漢方薬が開始されました。

漢方薬といっても娘にとっては香りを楽しみながら飲むという生活の中で自然の流れに添ったものでした。

しばらくして、まず、鼻かぜをひく回数がグンと減り、水分を過剰に欲することが少なくなってきました。

更にしばらくすると、徐々に夜尿の無い日が出てきて、1年半程経過した春、気付くと殆ど夜尿症状はなくなってきていました。

そこからは、夜尿対応をしつつ原因の1つでもあったアレルギーの方にも効果があるお薬を調合して頂き、3年半で一旦卒業しました。

しかし、完全卒業と思っていたある日、娘にとってプレッシャーとなる出来事がきっかけで2度夜尿が起きてしまいました。

すぐに和漢堂さんに連絡を取り、再びメンタルにも対応したお薬を調合して頂き、その後はまったく問題なく今夏卒業しました。

現在娘は小学校4年生。
振り返るとこの道程は長かったなぁと感じますが、生活の一部となっていた漢方薬の服薬は「そういえば毎日飲んでいたね」といえる程軽い存在です。

しかし、娘の日常生活や心と身体にとっては非常に重要で大切な存在でした。

お陰様で心身共に自身を持って毎日の生活を送ることが出来るようになった事を親子共々心から感謝しております。

有難うございました。