Others

その他の症状

お手紙

12 抗うつ剤,安定剤を6年服用しました(自律神経失調症)
お世話になっています。
自分も含めてたくさんの人がいろんな病に苦しんでいますよね。
ほんとになったことの人しか分からない苦しみは辛いものです。
心療内科で自律神経失調症と診断されて6年が経ちます。
実際に体調に変化を感じてからは八年になります。主な要因は仕事のストレスです。
現在の一番つらい症状はふらつきです。ほかにも不安感などもあります。
医者の薬は抗うつ薬と安定剤を6年くらい服用していました。
ふらつきを強く感じたのはここ3年です。
仕事は工場の現場作業をしていますが、症状が酷いときには1人で立っていられないくらい何かにもたれていないといけないくらいのふらつきでした。
この8年間でいろんな医療院を求めて使ったお金も数十万円です。
しかし、いっこうに回復せずに今年5月に漢方薬の服用を始めました。
しかし3ヶ月経っても全く効果なくあえなく止めました。
しばらく経ってもう一度違う店舗の漢方を試してみようと思ってたどりついたのが和漢堂さんです。
ちょうど2ヶ月服用しました。
飲み始めて3週間変化なし。
約1ヶ月経ったくらいからだんだん激しいふらつきもなくなりました。
1日のうちでも朝方が一番調子悪いのですが、悪いながらも少しずつ安定してきました。
今現在では抗うつ剤は全く飲んでいません。安定剤を頓服代わりに飲んでいます。
ですからまったく薬を飲まない日もあります。
ただ以前に急に薬を止めて逆に症状が悪化した経験がありますので、無理しない程度にゆっくり減らしています。
漢方を2ヶ月服用して少しではありますが以前の激しいフラツキはなくなりました。
しかしまだまだキツイ時(日)もあります。
でも、2ヶ月でこれだけの成果なので半年後が楽しみです。
焦らずに漢方薬の服用を続けてさらなる回復を願っています。

*お手紙の内容は個人の感想であり、製品の効能を説明するものではありません。

湿疹/かゆみ 湿疹・かゆみは人それぞれで、乾燥時や夜間、また汗をかいた時など症状の出方も様々です。
アトピー性皮膚炎 現在病のひとつとも言える皮膚疾患ですが、皮膚だけでなく、漢方では体質そのものに着目していきます。
ニキビ 「青春のシンボル」というくらい思春期のホルモンバランスなどによって出てくるものですが、大人になってからのニキビはストレスなど複雑に原因が重なってくるようです。
過敏性腸症候群 下痢が続くと体力も落ち、他の病気になってしまう可能性もあります。なかなか完治というわけにはいかないようですが、ある程度はコントロールできるようになれば、身体的・気持ち的に楽になります。
頭痛 偏頭痛や整理前後の頭痛など、症状は様々ですが、ひとつ一つ頭痛の元を紐解いていきましょう。
吹出物 こちらも様々な原因が考えられますが、皮膚だけでなく全身に着目していきましょう。
花粉症/鼻炎 3人に一人とも言われる花粉症・鼻炎です。どうしても口呼吸になりがちで、寝ていると身体を冷やす原因にもなります。しっかりとした身体づくりをしましょう。
更年期障害 更年期を迎えるといろいろな症状があわられます。めまいや動悸、息切れ、発汗など。放っておくと精神的にもよくありませんので、お早めにご相談下さい。
膀胱炎 夏の終わりに多く相談が寄せられます。その原因のひとつは夏の暑さによって抵抗力が下がったりすると顕著に出るようです。身体を冷やさないようにしましょう。

これらの症状でお困りの場合、またこれ以外の症状でお困りの場合も、お気軽にご相談下さい。