Others

その他の症状

お手紙

22 和漢堂に出会えて感謝(うつ・不安症)

私は七年前、大きな事業の経理を預かる仕事に追われて毎日忙しい日々を送っていました。
いつも明るく元気だねって言われている私が、ある朝、通勤途中で急な息苦しさと倦怠感に襲われ職場までの距離が何倍にも感じました。
一晩寝れば治るだろうと思いましたが、体調はますます悪くなっていきました。

動悸と冷や汗、毎日の下痢、脳に血液が回らない脳貧血の症状、気の遠くなるめまい等々、結局仕事を辞めざるをえなくなりました。
内科、婦人科など病院で検査しても異常なく、最終的に心療内科でうつ病と不安症の診断を受けました。

病院の薬を飲んでも副作用症状が気になり、漢方薬に頼ってみようと思い、思い切って電話をかけてみました。
電話で身体の状態を聞いて頂き、的確に回答して頂き何か雲が晴れるような感じがしました。

漢方を飲み始めて少しずつですが症状が楽になっているのに気付きました。
脳貧血の症状も治まっていました。
飲み始めて五年、今ではスポーツや趣味に積極的に行動しています。

人生には色々な出会いがありますが、病気にはなりましたが和漢堂さんに出会えて感謝です。
本当に長い間ありがとうございました。

湿疹/かゆみ 湿疹・かゆみは人それぞれで、乾燥時や夜間、また汗をかいた時など症状の出方も様々です。
アトピー性皮膚炎 現在病のひとつとも言える皮膚疾患ですが、皮膚だけでなく、漢方では体質そのものに着目していきます。
ニキビ 「青春のシンボル」というくらい思春期のホルモンバランスなどによって出てくるものですが、大人になってからのニキビはストレスなど複雑に原因が重なってくるようです。
過敏性腸症候群 下痢が続くと体力も落ち、他の病気になってしまう可能性もあります。なかなか完治というわけにはいかないようですが、ある程度はコントロールできるようになれば、身体的・気持ち的に楽になります。
頭痛 偏頭痛や整理前後の頭痛など、症状は様々ですが、ひとつ一つ頭痛の元を紐解いていきましょう。
吹出物 こちらも様々な原因が考えられますが、皮膚だけでなく全身に着目していきましょう。
花粉症/鼻炎 3人に一人とも言われる花粉症・鼻炎です。どうしても口呼吸になりがちで、寝ていると身体を冷やす原因にもなります。しっかりとした身体づくりをしましょう。
更年期障害 更年期を迎えるといろいろな症状があわられます。めまいや動悸、息切れ、発汗など。放っておくと精神的にもよくありませんので、お早めにご相談下さい。
膀胱炎 夏の終わりに多く相談が寄せられます。その原因のひとつは夏の暑さによって抵抗力が下がったりすると顕著に出るようです。身体を冷やさないようにしましょう。

これらの症状でお困りの場合、またこれ以外の症状でお困りの場合も、お気軽にご相談下さい。