Others

その他の症状

お手紙

18 妻・娘そして私も元気に(頭痛、肌荒れ、慢性的な疲労感)
最初は私は家族の付き添いとして伺いました。
出産を境に体調を崩しやすくなった妻が授乳中でも服用に問題ないお薬として漢方を希望し、気管支が弱い娘とともに飲み始めました。
私自身、偏頭痛もちで、肌荒れ(特に冬場の乾燥肌)が気にはなっていたのですが、それほど安価なお値段ではないですし、最初は申し込みませんでした。
しかし、半年を過ぎたあたりから妻と娘が風邪をひきにくくなったような印象を受け一年を過ぎると明らかに体質が改善されたのが、はた目でもわかるようになると、喜びとともに羨ましい気持ちが強くなり、更に引越しにともない自分の通勤時間が今まで15分程度だったのに1時間15分くらいかかるようになり、なんとなく疲れやすい日々が続いていたため我慢できなくなり、ついに自分も申し込ませていただきました。
症状としては天気が悪くなる際の頭痛、肌荒れ、慢性的な疲労感でした。
朝・夕2回の服用を指示されましたが、結構ずぼらな性格で3ヶ月目を過ぎたあたりから1日1回しか飲まなかったりする日もありました。
それでも明らかな体調の改善を6ヶ月目くらいから実感できるようになり、現在1年弱経過し1日1回の服用でも構わないと担当の方から言われるまでに改善いたしました。
基礎的に体の抵抗力を向上させるという点でこれほどの効果は正直期待していなかったので感謝とともに少々驚いております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

*お手紙の内容は個人の感想であり、製品の効能を説明するものではありません。

湿疹/かゆみ 湿疹・かゆみは人それぞれで、乾燥時や夜間、また汗をかいた時など症状の出方も様々です。
アトピー性皮膚炎 現在病のひとつとも言える皮膚疾患ですが、皮膚だけでなく、漢方では体質そのものに着目していきます。
ニキビ 「青春のシンボル」というくらい思春期のホルモンバランスなどによって出てくるものですが、大人になってからのニキビはストレスなど複雑に原因が重なってくるようです。
過敏性腸症候群 下痢が続くと体力も落ち、他の病気になってしまう可能性もあります。なかなか完治というわけにはいかないようですが、ある程度はコントロールできるようになれば、身体的・気持ち的に楽になります。
頭痛 偏頭痛や整理前後の頭痛など、症状は様々ですが、ひとつ一つ頭痛の元を紐解いていきましょう。
吹出物 こちらも様々な原因が考えられますが、皮膚だけでなく全身に着目していきましょう。
花粉症/鼻炎 3人に一人とも言われる花粉症・鼻炎です。どうしても口呼吸になりがちで、寝ていると身体を冷やす原因にもなります。しっかりとした身体づくりをしましょう。
更年期障害 更年期を迎えるといろいろな症状があわられます。めまいや動悸、息切れ、発汗など。放っておくと精神的にもよくありませんので、お早めにご相談下さい。
膀胱炎 夏の終わりに多く相談が寄せられます。その原因のひとつは夏の暑さによって抵抗力が下がったりすると顕著に出るようです。身体を冷やさないようにしましょう。

これらの症状でお困りの場合、またこれ以外の症状でお困りの場合も、お気軽にご相談下さい。